FC2ブログ
西宮市の夙川にある動物病院のブログです
フィラリア症の検査・予防は5月からで大丈夫です!
2018年04月11日 (水) | 編集 |
今年は3月下旬から初夏のような暖かい日が続いたので、
フィラリア予防を始めなくて大丈夫?」という問い合わせが
ありますが、今年も5月からで大丈夫です

実は、フィラリア予防を始める時期の目安については
計算式があります

フィラリア計算式 DSファーマ HPより引用

この計算式はいつからあるのかは解らないですが、
私が獣医師として働き始めた17年前にはすでに
存在していました。

この計算式でどう考えるかというと、
例えば最高気温22℃、最低気温14℃の日があったとします。
暖かい方だと思うのですが、それでも1日HDU=4となります。
この1日HDUを足していって130を超えようと思うと、
同じような天気の日が毎日続いても33日かかります
(ちなみに最高18℃、最低10℃だと1日HDU=0で、
そんなに寒い日ではないですがこの日はプラスになりません)

それでは現時点(4月10日)でどれぐらいなのかというと、
やほおが発表している神戸の気温で計算すると、
今年最初に1日HDUがプラスになった3月4日~4月10日で
トータルが37で130まではまだまだですね。

そしてフィラリアの予防薬は、感染開始より遅れて始めないと
効果がないので、4月に与えても無駄になってしまいます

フィラリアの検査は??
昨年の感染は、5月ぐらいにならないと検査で解らないので、
やっぱりフィラリアの検査・予防は5月です
(感染してから5~6ヶ月経たないと検査に引っかからないので、
感染終了時期が11月なので検査は5月です)

検査が3月ぐらいからできれば混雑を緩和できるのですが、
フィラリアの体内での成長過程を考えると難しそうです(´・_・`)

~~~~~~~~~~~~~~~
アッシュ犬猫クリニック
西宮市の夙川にある動物病院です

~~~~~~~~~~~~~~~

Team HOPE始めました
2016年05月10日 (火) | 編集 |
突然ですが「Team HOPE」をご存知でしょうか?
健康診断
全国の獣医師が中心となり、「ペットの健康を保つ、ペットを病気から守る」ことを目的として、
日頃の健康管理と病気の早期発見の重要性を社会に啓発するプロジェクトのことです。

犬や猫は、病気になってもなかなか元気食欲が落ちません。
具合が悪くなってから病院を受診するとかなり病気が進行していて、「もっと早く気づいていれば」と
後悔される方が後を絶ちません

現在、人で早期発見・早期治療が当たり前になっていますが、まだまだ犬や猫では末期発見・限られた治療に
なってしまっています。
この悪い流れを改善したいというのが「Team HOPE」というプロジェクトで、さらに基本となる健診項目を統一化し、
全国レベルでの標準化を目指すという獣医療界でも初めての試みを行っています。

当院は5月より「Team HOPE」の賛同病院となりました
ペットとその家族が、1日でも長く今の楽しい毎日が続くように今まで以上にサポートをさせていただきます

まずはウェルネスチェックを始めてみませんか
ウエルネスチェック
「Team HOPE」のホームページhttps://www.teamhope.jp/に詳細が載ってます。


~~~~~~~~~~~~~~~
アッシュ犬猫クリニック
西宮市の夙川にある動物病院です

~~~~~~~~~~~~~~~

飼う前に知っておいてほしいスコティッシュ・ホールドの遺伝病
2016年04月26日 (火) | 編集 |
ここ数年、ブームということでテレビやネットでを見る機会も多くなり、
好きじゃなくても常に人気上位のスコティッシュ・ホールドのことは知っている方は多いんじゃないかと思います
それほどメジャーな種ですが、特殊な遺伝病のためにヨーロッパでは純血種として公認していない団体もあります。
(注)遺伝病を必ず持っているわけではなく、正しい交配をしていれば遺伝病が出る確率は低くなります。

スコティッシュ・ホールドの名前の由来は、特徴的な「折れ耳」からきています。
その名前のおかげでスコティッシュ・ホールドは全て「折れ耳」だとたいていの方が思われていますが、
実は一般的なと同じ「立ち耳」のスコティッシュ・ホールドもいっぱいいるのです
スコティッシュ1

推奨される交配方法では、スコテッシュとアメリカンショートヘアーもしくはブリティッシュショートヘアーを
掛け合わせるので、「立ち耳」のこも生まれます。
「折れ耳」同士の交配をすると「折れ耳」のこが生まれますが、遺伝病の観点から禁忌です

この名前の由来である「折れ耳」を持っている猫は、骨の病気(骨軟骨形成不全症)を遺伝的に持っています。
ほとんどの猫はレントゲン検査で軽い異常が見られるぐらいで症状もなく普通に暮らせますが、
「折れ耳」の遺伝子が強い場合は、幼少時からお薬を飲んでも痛くてじっとしているぐらい重症になってしまいます

スコティッシュ5
正常な猫の左後ろ足のレントゲン写真(インターズー 犬と猫のX線解剖アトラス 参照)

スコティッシュ3
骨軟骨形成不全症の後ろ足のレントゲン写真(インターズー clinic note 58 参照)


そして生まれつきの心臓病や腎臓病を持っていることもあります。

飼う前に知っておいてほしいと思ったのはこの遺伝病のことです。

「折れ耳」のスコティッシュ・ホールドを飼うということは、ひょっとすると重症の骨軟骨形成不全症を
持っているかもしれません。
子猫を飼い始めてすぐに症状が出ることもあります。
そういう可能性があることを納得した上で家族として迎え入れないと、
思い描いていた生活とのギャップが大きくて愕然となるでしょう。

一緒に暮らして家族となってしまっていたら、物とは違うので交換や返金で
簡単に済む話ではないので絶対に知っておいていただきたいのですが、
案外スコティッシュを飼っていても知らない人が多いです
(ペットショップで遺伝病についての説明がないみたいです)

ビックリされるかもしれませんが、こんなに人気がある猫種の有名な遺伝病なのに
この病気を知らない獣医師も稀にいますので気をつけてくださいね

~~~~~~~~~~~~~~~
アッシュ犬猫クリニック
西宮市の夙川にある動物病院です

~~~~~~~~~~~~~~~

犬と猫のフィラリア予防はいつから?
2015年04月27日 (月) | 編集 |
すっかり暖かくなったので、「フィラリアの検査と予防はまだしなくても大丈夫なの??」という
問い合わせをいただくようになりました。

くまむし

少し前から蚊が飛び始めていますが、まだ早いです。
まだしなくてもというより、今はじめても無駄になってしまいます

まず検査ですが、去年の予防が成功しているかどうかを確かめる目的で実施します(猫は検査の必要はありません)。
感染してから早くても5ヵ月半ぐらい経たないと検査しても解らないので去年の11月中旬に感染していた場合、
今年の5月ぐらいにならないと検査しても見つけられません

お薬のスタートは5月下旬ぐらいがいいと思います。
予防薬と言っていますが駆虫薬なので感染期間が始まる前に使っても効果がなく、お薬が無駄になってしまいます
体に入って2週間ぐらい経って少し成長したフィラリアを薬がやっつけます。
ダンソン
ダンソン猫

兵庫の感染期間は5月に入ってから始まるので、今から薬をスタートしてもダメということになります。
ちなみにプロ野球のキャンプ地に使われる暖かいイメージの宮崎県でも、実は感染期間は兵庫とほとんど同じ
なのです

フィラリア感染期間(兵庫)
フィラリア感染期間(宮崎)
(DSファーマアニマルヘルスのHPから抜粋)

ここ数年、猫の死因として注目されるようになってきた猫のフィラリア症ですが、猫10匹に1匹が感染しているという
報告(実数ではなくいくつかの報告からの推定)もあるぐらい無視できない病気になっています
お家に蚊が入ってくる環境の場合は、背中に垂らすお薬で簡単に予防できるのでしてあげてくださいね。

あと、間違った情報が出回っているみたいなので要注意です
「フィラリアに感染しても簡単に駆除(治療)できるので、怖い予防薬は使わない」というものですが、
とんでもない話です。
フィラリアの成虫駆除はかなり厄介です。
駆除は簡単かもしれませんが、死んだフィラリアが肺の血管に詰まるのでその部分の肺がダメになってしまいます。
寄生数が多い場合は、フィラリアが一気に死ぬことにより命に関わるので入院での駆除になります。
あと、予防薬はアメリカでは獣医が処方する薬の中で一番安全というぐらいなので、やはり予防が大切です。

最後に、フィラリア予防でもっとも重要なのは5月から毎月1回、欠かさずに12月までお薬を与えきることです

~~~~~~~~~~~~~~~
アッシュ犬猫クリニック
西宮市の夙川にある動物病院です
~~~~~~~~~~~~~~~

当院での狂犬病ワクチン予防接種について
2015年04月17日 (金) | 編集 |
当院での狂犬病予防接種に関するお知らせ

2015年度から当院では登録代行手続きをしておりません。
その件に関してハガキでお知らせしていたので特に混乱はありませんが、いくつか頂いた
質問とその回答を載せておこうと思います。

Q. 手続きが変わるみたいだけど、狂犬病ワクチンの注射はしてもらえるの?
A. 当院で注射できます。

Q. 手続きってどういうこと?
A. 昨年までは注射をした時に当院が市への登録手続きを代行し、済票という
  金属のプレートや犬シール等をお会計の時にお渡ししていました。
  西宮市開業獣医師会を辞めましたので、今年から登録手続きの代行委託先から
  外れることになりました。
  (兵庫県獣医師会には継続して所属しています)
  そのため登録をして済票やシール等を受け取るには、注射をした時にお渡しする
  証明書を持って鳴尾浜の西宮市動物管理センターで手続きをしていただく、
  もしくは現金書留で手続きをしていただくことになります
  (現金書留の場合は、動物管理センターに詳細を確認してから郵送してください)。

Q. 手続きはしないといけないの?
A. 暮らしの中で手続きをしてなくて困ることはないと思いますが、法律で義務付けられて
  いますので手続きしていただくことをお勧めしています。

Q. 注射費用がすごく安くなったけど、同じワクチンなの?
A. メーカーも種類も全く同じワクチンです。

Q. なんでそんなに注射費用が安いの?(2750円→1000円)
A. 昨年までの実績があり兵庫県獣医師会に所属していても、西宮市開業獣医師会に所属
  していなければ西宮市動物管理センターとしては狂犬病予防接種に関する委託契約を
  結ばない方針なので、当院は今年から登録手続きの代行はできなくなりました。
  法律で登録手続きが義務付けられているのに、なぜ手続きできる窓口(病院)を
  制限するのかは解りませんが、当院に来ていただいている方が狂犬病予防法を
  順守しやすいように安くしました。
  (地域によっては委託契約をめぐって裁判になったことがあるぐらい微妙な事案です)
  昨年までは委託事業で注射費用は決められていましたが、今年からは委託事業
  ではないため自由に設定できるので、差額で現金書留代を賄えるようにしています。

さくら1(2015)
病院すぐそばの山手幹線道路の里桜です
染井吉野より咲くのが遅くなかなか散らずにがんばっていましたが、もうそろそろ限界が
近そうです
来年は桜の見ごろが長くなるといいですね

~~~~~~~~~~~~~~~
アッシュ犬猫クリニック
西宮市の夙川にある動物病院です
~~~~~~~~~~~~~~~